ネタを口に放り込んだら…ウ○コとして排泄すべし!創作活動は日々の食事を摂るのと同じように。ウ○コにこだわるは、“クソエイター”の始まり。

昨日出したウ○コの形をあなたは覚えているの?

 

創作活動とは、何も高尚なものではない。

食べ物を口にし、排泄するかのごとく、クリエイターにとっては自然な行為である。

 

私の敬愛するSF作家Aは雑誌の取材記者に対してこう言った。

「昨日出したウ○コの形をあなたは覚えているの?」

読者諸君は、一体いきなり何を言っているのかと思うかもしれないが、創作する人間にとってはまさに言い得て妙といった言葉だ。

 

作品を作るためには色々と勉強をしなければならない。

けれども、勉強すればするほど自分の至らなさが分かり、ますます作品を作れないというジレンマに陥ってしまう。

真面目にやっているほど、そうした実感を抱くものだろう。

けれども、創作とは言うまでもなく、作品を作ることにある。

頭でっかちや耳年増になってしまって、全然手がつかないといったことは本来あってはならないことだ。

 

どんな作品を作るかの前に、まずは創作に対する基本姿勢を身につける必要がある。

そう、だからこそこの作家Aの言葉は大事なのだ。

食事を摂ったら(ネタを仕入れたら)、ウ○コを出す(作品を仕上げる)流れが創作活動だと捉えれば、それはまるで四六時中、息をしているのと同じことだ。

呼吸をするのと同じように、創作にあたれるのであれば、キミはもうクリエイターになっている。

大事なことは、排泄物(作品)にこだわりを持たないということだ。

冒頭の「昨日出したウ○コの形をあなたは覚えているの?」といった言葉の意味はそういうこと。

キミは覚えているだろうか、昨日のウ○コの形を。少なくとも、私は覚えてなぞいない。

 

 

ウ○コにこだわるは、“クソエイター”の始まり

 

とはいっても、もちろん作り手の気持ちも分かる。

こだわったキャラクター、ストーリー、世界観、異能力の設定……。

どれも自分にとっては宝物だろう。

が、しかし。それは将来キミのお客さんになってくれる人たちが、本当に求めているものだろうか?

否、否、否否否否否ぁ、否否否ああぁーーーーーっ!

あえて断言しよう、まったく求められていない。

つまりは、ウ○コ(=自分の作品)のこだわりしかない輩は、やはりウ○コの価値しかない作り手ということになる。

 

シンプルに言えば、自分の作った作品にこだわりを持たないことだ。

一度作った作品に未練を残すよりも、そのパワーを次の作品作りに傾けよう。

それが、キミのクリエイターとしての未来を切り開く唯一の道なのだ。

 

いま一度、自分の胸に問うてほしい。

クリエイターになりたいのか、

クソエイターになるのか。

何か変わっていれば、世間に受け入れられる?

クリエイティブはそんなに甘いものではなく、世間ズレをしているものでもない。

だって、キミの作品を買おうとする人たちは一般の人たちなのだ。

常識の上に成り立っている、そう世間一般なのだ。

 

真のクリエイターであるためには、常識を知らなければならない。

そう世間の常識よりも、さらに常識的に。

その上で、自分の形を強く持つことだ。

 

千日をもって「鍛」となし、万日をもって「練」となす。

剣豪・宮本武蔵の言葉だ。

鍛錬というものは、一日も欠かしてはならない。

一日休めば、感覚を取り戻すだけで三日は棒に振ることになる。

それでいいのか、キミよ。

だからこそ、まるで毎日排泄するかのように、作品づくりに取り組んでほしい。

 

キミの未来は、毎日の創作活動によってのみ、形作られる。

そのことをゆめゆめ忘れるな!


ストーリー制作と電子出版のオーズLLC

派遣勇者

1つの出会いが、日々の暮らしを変えていくもの。

ストーリー制作でお悩みの方、クリエイター志望者、本を出版されたい方。

リアルとリアリティの境界線から生まれる「新たな物語」を当社と共に紡いでみませんか。

あなたの踏み出した初めの一歩をお手伝いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ゲス丸

熱血クリエイター道場・師範代。書くことが人生であり、人生とは書くことである。書いて、書いて、書いて、書き続けて……その先に何があるのか、自分の目でたしかめる者。人生とはいつだって、道半ばであり、夢半ば。熱意ある者、来たれぃ!!