ハッキリとさせましょう! 腐女子と夢女子の違いは好きなキャラの呼び方?

最近、ヲタク女子と言われて思い浮かぶ姿が腐女子と言われ、少しショックを受けた経験がある
東雲ですわ。確かに、私は腐女子ですし、BLは好きですのよ。
でも、それと同じくらいに好きなものがありますわ!それが、「夢小説」ですの。そして、ふと
疑問に思ったのですが、腐女子と夢女子の違いはどこにあるのか。似通っている部分があるのか見てみましょう。

夢女子は作品内での自己投影が上手!

まず、夢女子とはどんな人物のことを呼ぶのか、整理をしておきますわよ。夢女子は、作品の中に自分のキャラクターを新しく作り、その子に自分を投影して楽しんでいる人のことですわ。
そのため、キャラクターとの「疑似恋愛」を楽しんでいる人も多いと考えられますの。ですから、キャラクターそれぞれへの愛情が深く、過激な人は「女性キャラクターを出さないでほしい」と
考えている人も……。そのため、キャラクターへの愛情が深いからこそ、その作品へお金をつぎ
込む人も多いのですわ。そういった愛し方もありますし、自分の想いをキャラクター1人に注ぐのも、良いとは思いますのよ。そして、キャラクターとの関係に対して恋愛をしたいという思いが
高まっていくのですわ。その作品自体にも好感を持つ機会が自然と増えていくのでしょう。
特にその傾向が強いのが、「乙女ゲーム」だと私は思っていますわ。これは、「プレイヤー=私」の形をとっているからこそ、夢女子たちの心をわしづかみにしているのでしょう。

腐女子は第三者視点で作品を見る

腐女子の場合は、作品を見る際に、「第三者」の視点を大切にしながら触れるのでしょう。
そして、その作品の中に自分が介入することはあまりありませんのよ。その作品の中にある
キャラクターの関係を大切にしたいと思っているからこそ、「そばで見守っていたい」という思いを抱くのですわ。もし、自分の好きなキャラの登場シーンが少なかったとしても、その接点を作り出すことにも長けていますわ。だからこそ、すぐに萌えへと変換して楽しめるのですわね。
その気持ちは私にもわかるからこそ、自分が好きだと思ったキャラクターの出番が少なかったと しても、深く悲しむことは少ないのでしょう。むしろ、あまり情報が多くないからこそ妄想の幅が広がり、いろいろなカップリングを楽しむことができるのですわ!ちなみに、一般的に言われる
ボーイズラブは、「商業BL」を指していて、それ以外は「やおい」と呼ばれていますの。やおいの意味は、「山なし・オチなし・意味なし」の頭文字をとった言葉で、歴が長い人ほど使っている印象がありますわね。それだけ、腐女子の歴史も古いのでしょう。私がまだ知らない言葉なども 眠っているかもしれませんわね。

腐女子と夢女子を兼業している人もいる

さて、両方の説明をしましたが、その中でもどちらの属性も持っている人はいますわ。私も、BLを好みつつ、乙女ゲームなどの夢女子が好きな作品をよく見ていますもの。いわゆる雑食といえる人、なのかもしれませんわね。基本的に、ヲタク女子と言われる人たちは、「ライトユーザー」 だと思っていただけると良いのかと。普通に作品を楽しみ、BLなど恋愛には興味がないという人たちのことを指すと、私は思っていますわ。広く浅く楽しむヲタク女子がいる中で、BLなどの カップリングを楽しむことができる人たちを腐女子。そして、作品の中に第三者として自分の
キャラクターを入れ、自己投影して楽しむ夢女子。様々なタイプがいるからこそ、両方の側面を 持っている人も多いはず。ちなみに、2つのタイプを持っている人の場合、お金がいつの間にか なくなることも……。キャラクターや作品への愛情が深いからこそ、どんどんグッズを買って
しまうのでしょう。そのため、グッズを身に付けたり、CDを買ったりと出費が増えてしまいますわ。また、腐女子成分が多かったとしても、「薄い本」と呼ばれる同人誌に手を出してしまい、 さらにお金が出ていってしまうことも……。それだけ、自分の好きな物のために情熱を傾けられるのは、素晴らしいことだとは思いますわ。

終わりに

自分を投影するのか。それとも、そばでそのキャラクターたちの幸せ(?)な行く末を見守っていくのか。どちらも楽しさを見出すことはできるでしょう。しかし、没頭してしまうと、周りが見え なくなってしまうこともありますので、注意が必要ですわね。私はこう思っていますわ。
心から好きなものに、自分の主張を押し付けるのはナンセンス。意見が違ったとしても自分は  自分、相手は相手の姿勢を保つことが、ヲタクライフを楽しむ秘訣だと考えているのですわ。自分が楽しむのだから、周りも楽しまないのはおかしいと考えてしまうと、途端につまらなくなってしまうもの。残念だと思いこそすれ、押し付けないように、しっかり距離感をつかむことが大切に なりますわね。


ストーリー制作と電子出版のオーズLLC

派遣勇者

1つの出会いが、日々の暮らしを変えていくもの。

ストーリー制作でお悩みの方、クリエイター志望者、本を出版されたい方。

リアルとリアリティの境界線から生まれる「新たな物語」を当社と共に紡いでみませんか。

あなたの踏み出した初めの一歩をお手伝いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

東雲シノン

ごきげんよう、私は東雲と申します。女子の興味のある事柄について、皆さんに分かりやすいようにお伝えしていけたらと思っていますわ。トピックにBLや乙女ゲーム系統が多いのはお許しくださいませ。私、腐女子なもので…でも、偏見など持たないで何でも食べて…いやいや、吸収していけたらと思っていますの。何卒、よろしくお願いいたしますわ。