実はあぐらが正式!? 正座の歴史を見てみましょう!

実はあぐらが正式!? 正座の歴史を見てみましょう!

現在の家庭では、基本的にテーブルと椅子で生活する機会が多いものですわ。そのため、和室がある家も昔に比べて少なくなっていますのよ。ですから、現在では「正座」ができないという人も多いでしょう。しかし、実は和室などで座る際、正座は正式な座り方ではありませんの。では、何が正解なのか。そして、いつから正座が正式なものになったのかを見てみましょう。その歴史を知ることで、周りに自慢できるかもしれませんわね。

元々はあぐらが正式だった?

今では畳で座るとき、基本的に正座をするのが常識として認識されていますが、実は「あぐらで座る」ことがほとんどだったのですわ。戦国時代や、それ以前の肖像画を見てみると、基本的に正座をしている人はあまりいませんのよ。座る際は、足の裏をあわせるような、あぐらでの座り方が正式になりますわ。でも、現在のあぐらのように足を組む形ではありませんので、そこは間違えないように……。もしくは、「立て膝」で座るのもOKとされていますわ。今のように、畳があるのは「上流階級」の人たちが住んでいるところであり、一般の人たちは「板の間」に座っていましたの。流石に、板の間に正座で座るのは、足が痛くなってしまいますわね。私でも、流石に10分くらいが限界ですわ……。だからこそ、昔はあぐらか立て膝で座るのが、実は正式な座り方になりますのよ。

なぜ正座が正式な座り方ではないのか

今でこそ正座は、きちんとした場所で座る際の常識になっていますけれど、実は元々正座は「罪人」の座り方といわれていましたわ。そのため、普段から正座をする人はいませんでした。そして、日常的に、あぐらや立て膝をして座っていたのですわ。また、現代では座布団を使うことが多いですが、江戸時代などでは基本使わなかったとか。しかし、徳川家光の頃から、正座をするのが正式なものと言われるようになりますの。それは、「茶の湯」の作法からきているともいわれていますわね。また、家光が部下たちに「絶対服従」の意思表示をさせるためとか……。膝を折ることが、武士たちにとって、とても屈辱的だと感じているからこその指示だったのでしょう。それだけ、正座は嫌がられていたのですわ。
そこから、次第に武士たちの中でも正座が広まりますのよ。それは、「礼儀作法の徹底」から。武士は身分が高いからこそ、しっかりと礼儀を知らなければいけませんわ。そのため、食事の際や公式な場では正座をするようにと、意識が変化していきますの。そして、今までは武家だけで行っていた礼法が、次第に庶民の間で広まっていくのですわ。また、明治に時代が移ったとき、正式な礼儀作法として定められたのです。だからこそ、現在のように正座をする意識が浸透していきましたのよ。

正座をフォーマルにする重要性は……?

実際、座り方というものは自分が現在着ている服装に対して、できるものとできないものがあるもの。正座もその1つ。例えば、スカートのように、下着が見えてしまうと困ってしまう場合は正座をするのも1つの手ではありますわ。しかし、「ストール」を持っているのであれば別に「横座り」もできますし、軽く膝周りを隠せばあぐらで座っても大丈夫。だって、下着を見られる心配はありませんもの。また、ジーンズをはいている場合も、正座で長く座れない場合は、あぐらに変えるのもアリですわ。もちろん、きちんと座る場面では正座をすることは大切ですけれど、無理に型にはめる必要はないと私は考えていますのよ。

終わりに

正座といっても座り方の1つにしかすぎませんわ。だからこそ、この礼儀に縛られてしまうのは、あまり良くないのではと私は思いますの。デメリットとして、膝や足首にも負担がかかってしまいますし、長時間座っていることに慣れないもの。ましてや、現代では椅子での生活に慣れてしまっている人が多いからこそ、この正座を「唯一の伝統的な座り方」としてずっと続けても良いのかと不安になりますわ。もちろん、ルールを決めることは大切であると、重々承知しています。しかし、時代に合わせる形で、少しずつ変化させることも大切ではと思っていますのよ。
もちろん、正座のメリットは、座っている姿がとても「キレイ」に見えるというもの。背骨がキレイな「S字」を描いているからこそ、見ていてとても安心感を覚えるのでしょう。しかし、こだわりすぎてしまうと、体がガチガチに固まってしまいますし、どうも「居心地が悪い」と感じる人も出てきますわ。だからこそ、自分に合った座り方を考えてみるのも、とても大切。長時間座っていて楽な姿勢をとれば、気持ちも楽になりますし、ありのままの自分を周りに見せられるようになりますわ。


ストーリー制作と電子出版のオーズLLC

派遣勇者

1つの出会いが、日々の暮らしを変えていくもの。

ストーリー制作でお悩みの方、クリエイター志望者、本を出版されたい方。

リアルとリアリティの境界線から生まれる「新たな物語」を当社と共に紡いでみませんか。

あなたの踏み出した初めの一歩をお手伝いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

東雲シノン

ごきげんよう、私は東雲と申します。女子の興味のある事柄について、皆さんに分かりやすいようにお伝えしていけたらと思っていますわ。トピックにBLや乙女ゲーム系統が多いのはお許しくださいませ。私、腐女子なもので…でも、偏見など持たないで何でも食べて…いやいや、吸収していけたらと思っていますの。何卒、よろしくお願いいたしますわ。